スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

書籍「ゲームの作り方 Unityで覚える遊びのアルゴリズム」 

さて、前回までで2Dも一段落したので、書籍を1冊購入しました。
バンダイナムコの開発陣が作っただけあって実践的な1冊。

ゲームの作り方  Unityで覚える遊びのアルゴリズムゲームの作り方 Unityで覚える遊びのアルゴリズム
(2013/02/28)
加藤 政樹

商品詳細を見る


作者様のホームページにて、サンプルゲームを遊べますが、良くある説明用のゲームに比べてクオリティが高い。
その代わりに、それだけの物を1から説明するわけにはいかないので、書籍は要所要所の解説に留まっています。
しかし、プロジェクトファイルがDVDに入っているので、ある程度読める人なら十分。
心配な場合は、初歩的な入門書をやってから購入するといいかと思います。
(むしろおまけで付いている、社内勉強会資料が実用的で豪華だとか思ったりw)

0章の入門編をやっただけでも、徹底的なPrefab化、フォルダ分け、ゲーム性の細かい調整、
タグを使ったコリジョン判定など、実用的なコードなのが個人的にポイント高い。
webの入門サイトとかは基本的に一番労力のかからないやり方するので、実用性はまた別だったりします。

とりあえず0章の入門編が終わったので、時間見つけて他も読んで行きたい。
スポンサーサイト
[ 2013/11/24 23:22 ] 通常日記 | TB(0) | CM(0)

Unity 4.3 2D機能勉強 その1 

思ったより動画を見ながら理解するの苦労しています。
英語聞き取れると大分楽なんだろうなーと思いつつも、まとめております。
良く分からない部分はいじりながら補完しているので、ミスもあるかも?

まず、今回追加された2Dビュー機能。
プロジェクト作成時に3Dか2Dを選ぶボックスが追加されていますので、2Dを選びます。
unity_study003_ss.jpg

この設定はプロジェクト途中でも、[Edit]->[Project Settings]->[Editor]の中の[Default Behavior Mode]や、
Sceneビュー上部の2Dボタンでも切り替える事ができます。
unity_study004_ss.jpg

さて、正式なやり方は分かりませんが、Projectウィンドウに適当な画像ファイルをドラッグすると、
そのまま登録してくれて、選択するとInspectorウィンドウのTexture TypeがSpriteになっています。
unity_study007_ss.jpg


このSpriteをHierarchyウィンドウにドラッグすると、プレハブと同じように生成できるのですが、
その中身を見るとSprite Renedererというコンポーネントが存在していて、Spriteに先ほどの画像が入っています。
(この時点で、既に画像はSceneビューに表示できていて、回転とかも好きなようにできます。)
unity_study005_ss.jpg

さて、ColorやMaterialは置いておいて、Sorting LayerとOrder in Layerが気になる所です。

Sorting Layer:レイヤーのグループを選択する(動画ではBackGround,Character,ForeGround等)
Order in Layer:同レイヤーグループ内でのソート順序を決める(値が大きいと手前に来る)

・Sorting Layerの追加
Sorting Layerのドロップダウンボックスをクリック->[Add Sorting Layer..]選択
Sorting Layersの+を押すと追加、-を押すと削除、適当な名前をつけて並べ替える。
(並び順が下にあるほど手前に来る)

・Sorting Layerのロック?
Unityウィンドウ右上のLayersから鍵のマークをクリックするとロックがかかります。
unity_study008_ss.jpg
で、これの効力なんですが…、良く聞き取れていません。。
ただ、Sceneビューで対象レイヤーのオブジェクトをクリックしても選択されないので、
どうしても重なる2Dが邪魔になるのを回避する効果があるのかなーとか思っています。
ちなみに、Hierarchyウィンドウからは選べますし、選んでしまえば編集もできます。

なお、Order in LayerはSorting Layer内でしか順番付けされません。Sorting Layerが親にいるイメージ。
個人的に気になってZ値をいじってみましたが、Sorting LayerもOrder in Layerも同じ値の時のみZ値でソートされます。
この辺は良くある描画システムと同じですね。

2D画像の表示とソートについてはそんな感じです。長くなっているのでこの辺で。
[ 2013/11/22 18:57 ] 通常日記 | TB(0) | CM(0)

速いようでゆっくりな時間 

明けましておめでとうございます。
久しぶりな管理人です。

今年は予定通りに冬季休暇をいただいて、実家に帰っていました。
その休みも明日までと言う事で、あっという間のようでしたが、
逆にいままで仕事をしていた感覚からすると、ゆっくり流れているように感じました。

仕事をすると一年があっという間に過ぎるというのは本当のようで、
ガンガン歳を取っていきます_no

年齢相応の知識と経験、考え方を身につけられるよう、今年も頑張っていきたいと思います。
[ 2009/01/03 23:50 ] 通常日記 | TB(0) | CM(2)

裁判員制度が始まる 

裁判員制度が始まり、29日あたりから当選者に順次通知を出しています。

この制度、そもそもどんな物かというと、毎年国民から対象者を選び、
対象に選ばれた人は、特別な辞退理由がない限り裁判に参加し、
プロの裁判官と一緒に裁判やろうぜ!みたいな感じ。

ちなみに、休暇で評価を下げるのは禁止されているが、特別休暇の支給は企業任せ。
裁判員候補者日給8000円以内(裁判員は10000円以内)。
対象となる裁判は、大体凶悪事件関連の物。

まぁ、「他の国がやっているから・・・」って理由が入ってるあたりどうかと思いますが。
その国と環境が違うのに比較して、うちもやろうと言い出すのは子供の理論ではと思います。
「うちはうち、よそはよそ」

ともあれ、良い事もあるかもしれません、基本的に成果が出るのは実施されないと分かりませんが。
色々な面が整備されていれば、そんなに悪くはないかも。

▼ 心配される点・納得行かない点
・守秘義務は守られるのか?
 企業ですら情報漏えいをやっているのに、本当に裁判の内容が漏れないのか?
 裁判員になったことを公にするのも禁止なので、mixiやブログに「裁判員になりました!」とか書くとアウト。
 家族や職場の人に口頭で伝えるぐらいは問題ないみたいです。

・こなかったら刑罰
 何か普通に犯罪クラスの罰があります。
 来ないのもどうかと思うけど、新しく定めた制度で従わないと犯罪とかどうなんだろう。

・本当に裁判員への被害はないのか?
 基本的に凶悪犯罪が対象だから、逆恨みにあったりしないのか?
 守秘義務なんて、あっても警察が重要書類を流出する世の中。
 「何か問題があったら裁判所に相談してください。」とあったけど、事後処理じゃ意味がない。

・仕事が忙しいという理由での辞退は認められるのか?
 忙しいかどうかといえば、基本的にほとんどの人が忙しいはず。
 会社的には休みが認められるが、顧客が関わると締め切りは結局延びない。
 辞退できなかったら、結局休日出勤と残業で回収なんだろうか_no

まぁ、問題はいろいろありますが、決まってしまった物はしょうがないです。
少しでも勉強になれば良しと思い、頑張って出頭してください。




<12/1追記>
さっそくmixiで盛大に公表されてるみたいで、ニュースになってます。
しかも、本名で公表している人多数だそうで、取り締まりもできるのかどうか。
いきなり前提の規則が崩れてどうするんだろう、これ。

[ 2008/11/30 17:06 ] 通常日記 | TB(0) | CM(0)

帰りに見た光景 

今日の仕事帰りに目にした光景が印象的だったので書いてみる。

父親と子供二人で自転車に乗っている親子がいたのだが、
割と短い十字路の信号に引っかかった。

結構信号無視の多い場所なので、どうするのかと気になってたら、
父親と子供の片方が赤信号を渡り始めました。
残る一人の子供が「赤信号で渡っちゃいけないんだよ!」
でも、父親は一回振り返ったあと、なんで渡らないの?って感じで先へ。
これを見た子供はどんな気持ちになったんでしょうね。
「信号守ると父親に冷たくされる」とか感じないか心配でした。

若者のモラルがとか言うけれど、小さい子供はしっかりしてる。
まずは親とか上に立つ人が見直さないといけないのでは?
学校の勉強より大事な事っていっぱいあります。

[ 2008/11/04 23:37 ] 通常日記 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

poro

  • Author:poro
  • プログラマやってる人です。
    絵とかも好きだったり、
    何か作りたいとか最近考えているらしい。
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。