スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最近のゲームを見にゲーセンへ。 

ゲーセン行っても、新しいゲームにあんまり手を出さないでいたのですが。
今日、大きいゲームを見に行ってきました。
見てきたのは、ナムコから発売のドルアーガオンラインと、セガから発売のQuest of Dです。
Quest of Dはバージョン2でてるみたいですが、行ったゲーセンにはありませんでした。
(以下ドルアーガとDで行きます)

まぁ、ドルアーガやろうとしたんですが。
(Dは前に友人のプレイしているのを見たり、話を聞いていたので)
ICカード:500円

…え?(;´Д`)

プレイ料金:200円(コンティニュー100円)

…(´・ω・`)

初回プレイ700円って事?
うーん、それってどうなのよ。

Dも似たような価格設定だったと思うんですが、こっちはカードが出ます。
ICカードとは別に、トレーディングカードゲームみたいな実際のカードを使ってゲームを進められるんですね。
プレイ後にカードを出すと言うのなら、200円はしょうがない気もします。

対するドルアーガは、カードは記録用のみ。
KONAMIの200,300円のカードが良心的に見えます。
チュートリアルプレイ全部+ICカードで500円程度だよなー、とか思いました。
聞いた話ですと、チュートリアルが全3回らしく、終えるまでに1100円の出費です。
ついでに、ただゲームをプレイさせるだけ(カード等現実の資源無し)なら、100円が気楽にプレイできる妥当な価格じゃないかと。
これは、学生には痛すぎます、価格設定見直してほしいです。

ついでに、全てのアーケードに言えることですが、回転率の重要性を感じました。
1ゲームが短くても、ユーザーが満足せず、長すぎると待ってまでやろうとしなくなる。
特に新規ユーザーの場合は深刻です。
既にやった人であれば、他の日に来ようとか思うかもしれませんが、新規の人は、やるのやめようと考える人もいるでしょう。
まぁ、これはやってる側に合わせるしかないんでしょうね。
金払った人が満足できないのでは本末転倒ですし。
ただ、やはり新規参入を増やす試みは必要な気がします。


最後に、プログラマとしてどっちを作ってみたいか。
これは断然Dですね。
カードからの読み込み・タッチパネル(これは両方)・レバー操作
何か色々複合したインターフェースでとても楽しそうです。
ドルアーガにはレバーがありませんでしたが、このレバー結構操作性に重要な気がします。
左手レバーで移動に専念できるのは美味しいところ。
Quest of Dの2作目も機会があったら見に行ってきます。
金がないからプレイできない気がしますが_no
スポンサーサイト

[ 2006/04/30 18:34 ] 通常日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

poro

  • Author:poro
  • プログラマやってる人です。
    絵とかも好きだったり、
    何か作りたいとか最近考えているらしい。
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。